Sports News

平昌パラ2018(10日目):閉会式|日本は金3、銀4、銅3の10個のメダル|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌パラ2018(10日目):閉会式

日本は金3、銀4、銅3の10個のメダル

平昌パラリンピック大会最終日の18日、平昌オリンピックパークで閉会式が行われた。今大会、日本選手団は目標の6個を大きく上回る10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得し、国別メダルランキングは9位となった。アルペンスキーの村岡桃佳(21歳=早稲田大学)が出場した5種目全てでメダル(金1、銀2、銅2)を獲得し、冬季大会における1人の選手が1大会で獲得したメダル最多新記録を樹立。また、スノーボードの成田緑夢(24歳=近畿医療専門学校)が2個(金1、銅1)クロスカントリースキーの新田佳浩(37歳=日立ソリューションズ)が2個(金1、銀1)、アルペンスキーの森井大輝(37歳=トヨタ自動車)が1個(銀1)のメダルを獲得した。次回の冬季パラリンピックは2022年に中国の北京で開催される。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(10日目):クロスカントリースキー|男女混合リレーで4位。「大健闘」で有終|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(10日目):クロスカントリースキー

男女混合リレーで4位。「大健闘」で有終

平昌パラリンピック大会最終日となる18日、1人2.5kmのコースを走り、4人でつなぐリレー2種目が行われ、日本は混合リレーに出場。男子10kmクラシカル金メダリストの新田佳浩(37=日立ソリューションズ)、出来島桃子(43=新発田市役所)、阿部友里香(22=日立ソリューションズ)、川除大輝(17=日立ソリューションズJrチーム)の4 選手が順につなぎ、25分48秒0で4位に入賞した。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(9日目):クロスカントリースキー|新田佳浩が8年ぶり金奪還。「諦めなかった」|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(9日目):クロスカントリースキー

新田佳浩が8年ぶり金奪還。「諦めなかった」

平昌パラリンピック大会は9日目となる17日、クロスカントリースキーの男女ミドル・クラシカルが行われ、日本から男女8選手が出場。1998年長野大会以来、6大会連続出場で、男子立位のエース、新田佳浩(37=日立ソリューションズ)が2位と約9秒差の24分06秒8で金メダルに輝いた。14日に行われたスプリントの銅メダルにつづき、今大会自身2個目のメダル。また、日本チームにとっては3個目の金、通算9個目のメダルだった。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(8日目):パラスノーボード|成田緑夢

平昌2018パラ(8日目):パラスノーボード

成田緑夢"リスキーな挑戦"で手にした金メダル

平昌パラリンピック大会8日目の16日、今大会から正式種目となったパラスノーボードの2種目目バンクドスラロームが行われ、成田緑夢(24=近畿医療専門学校)がLL2(ひざ下の下肢障がい)で金メダルをに輝いた。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(8日目):バイアスロン|悲喜こもごものゴール。手ごたえと課題をつかんだ最終種目|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(8日目):バイアスロン

悲喜こもごものゴール。手ごたえと課題をつかんだ最終種目

平昌パラリンピック大会は8日目となる16日、バイアスロン競技としては大会最終種目となる、男女インディビジュアル(男子15km、女子12.5km)が行われ、日本から5選手が出場した。風も強く春のような陽気だったこれまでの2種目とは異なり、この日は朝から雪が降りつづき、気温もマイナス4度前後と冬に逆戻り。少し弱まったものの風はやむことはなく、この競技が自然との戦いでもあることを実感させる。そんな中、出場した日本の5選手はそれぞれ悲喜こもごもの表情を見せた。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(6日目):アルペンスキー|村岡桃佳、大回転、渾身の初金メダル|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(6日目):アルペンスキー

村岡桃佳、大回転、渾身の初金メダル

平昌パラリンピック大会6日目、大回転が行われ女子座位の村岡桃佳(21歳=早稲田大学)が日本勢初、さらに自身初となる金メダルを獲得した。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(6日目):クロスカントリースキー|新田佳浩、8年ぶりにメダル。「金でなくて、悔しい」|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(6日目):クロスカントリースキー

新田佳浩、8年ぶりにメダル。「金でなくて、悔しい」

平昌パラリンピック大会6日目の14日、男女スプリント・クラシカル(男子1.5km、女子1.1km)が行われ、日本から7選手(男子5、女子2)が出場。1998年長野大会以来6大会連続出場のエース、新田佳浩(37=日立ソリューションズ)がゴール前の接戦で粘りを見せ、男子立位カテゴリーで銀メダルを獲得した。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(5日目):パラアイスホッケー|「1勝」が遠い日本。未勝利で順位決定戦へ|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(5日目):パラアイスホッケー

「1勝」が遠い日本。未勝利で順位決定戦へ

平昌パラリンピック大会5日目の13日、江陵ホッケーセンターではパラアイスホッケー1次リーグ最終戦が行われ、日本はチェコと対戦。第1ピリオドから激しい攻防戦が続く中、第2ピリオド終盤に先取点を挙げたチェコがそのままの勢いで第3ピリオドには2点を追加。一方、日本はシュート5本で無得点に終わり、0-3で黒星を喫した。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(5日目):アルペンスキー|女子ラグビーから転向。本堂杏実の初挑戦。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(5日目):アルペンスキー

女子ラグビーから転向。本堂杏実の初挑戦。

平昌パラリンピック大会5日目、スーパー複合が行われ女子座位の村岡桃佳(21歳=早稲田大学)が3個目となる銅メダルを獲得した。男子座位では、回転で巻き返しを図った鈴木猛史(29歳=KYB)が一時トップに立ったが、最終的に4位入賞に終わった。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(5日目):バイアスロン|風と雪に翻弄され、入賞まで、あと一歩|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(5日目):バイアスロン

風と雪に翻弄され、入賞まで、あと一歩

平昌2018パラリンピック冬季競技大会は競技5日目となる13日、バイアスロンの男女ミドル(男子12.5km、女子10km)が行われ、日本から男女立位カテゴリーに各2選手が出場。佐藤圭一(38=エイベックス株式会社)が42分11秒1(射撃ペナルティー4)で、出来島桃子(43=新発田市役所)が45分45秒5(同9)で、ともに9位となり、あと一歩で入賞を逃した。また、星澤克(18=北海道立命館慶祥高等学校)は56分25秒1(同10)で14位、阿部友里香(22=日立ソリューションズ)は47分22秒5(同8)で11位だった。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(4日目):パラスノーボード|成田緑夢「挑戦」でつかんだ銅メダル|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(4日目):パラスノーボード

成田緑夢「挑戦」でつかんだ銅メダル

平昌パラリンピック大会4日目の12日、今大会から正式種目となったパラスノーボードの1種目目スノーボードクロスが行われ、成田緑夢(24=近畿医療専門学校)がLL2(ひざ下の下肢障がい)で銅メダルを獲得。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(3日目):アルペンスキー|村岡、恐怖心を制して銅。2個目のメダル|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(3日目):アルペンスキー

村岡、恐怖心を制して銅。2個目のメダル

平昌パラリンピック大会3日目、スーパー大回転が行われ、女子座位の村岡桃佳(21=早稲田大学)が自身2個目となる銅メダルを獲得した。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(2日目):バイアスロン|入賞者ゼロも、上昇気流のきざし|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(2日目):バイアスロン

入賞者ゼロも、上昇気流のきざし

9日に開幕した平昌2018パラリンピック冬季競技大会は10日、競技が一斉にスタート。バイアスロンは男女スプリント(男子7.5km、女子6km)が行われ、日本から6選手が出場した。朝から青空が広がり気温も上昇し、2日前に降った雪が緩んだ。また、風も強く舞うという、スキーにも射撃にも難しいコンディションのなか、日本勢は9位(2人)が最高位。だが、4年に1度の大舞台の初戦を終えた選手たちからは今後の活躍が期待できる表情がうかがえた。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(2日目):パラアイスホッケー|地元韓国に敗れた日本。より厳しい状況へ|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(2日目):パラアイスホッケー

地元韓国に敗れた日本。より厳しい状況へ

平昌パラリンピック競技初日の10日、江陵ホッケーセンターではパラアイスホッケー1次リーグが行われ、日本は地元韓国と対戦。完全アウエーの中、日本は粘り強いディフェンスでいくつものピンチを凌ぎ、第2ピリオドの中盤まで無失点に抑えた。しかし、第2ピリオド6分に先取点を奪われて以降は、相手の勢いを止めることができず、1-4で敗れた。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(2日目):アルペンスキー|ベテランと若手。2個の銀メダルを獲得。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(2日目):アルペンスキー

ベテランと若手。2個の銀メダルを獲得。

3月9日に開幕した平昌パラリンピック。大会2日目に行われたアルペンスキー滑降で、日本チームが日本勢初となる2個の銀メダルを獲得した。村岡桃佳(LW10-2/21歳/早稲田大学)と、森井大輝(LW11/37歳/トヨタ自動車)だ。

[詳細を見る]

平昌パラ2018(1日目):開会式|日本選手38名の熱き戦いが開幕。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌パラ2018(1日目):開会式

日本選手38名の熱き戦いが開幕。

3月9日、平昌2018パラリンピック冬季競技大会の開会式が平昌オリンピックスタジアムで行われた。
18日までの10日間で45カ国・地域の670名が世界一を目指し、熱戦が繰り広げられる。
主将の須藤悟(パラアイスホッケー)は「今大会の開会式は選手団主将としての参加となり、いつもとは異なる緊張感もある。平昌 2018 パラリンピック冬季競技大会に出場し、私たちが活躍することで多くの方の心を引きつけ、夢中にさせたい」と開会に向けての意気込みを語った。

[詳細を見る]

パラ水泳春季記録会2018|富田、ライバルの木村に初勝利、派遣記録も突破。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

パラ水泳春季記録会2018

富田、ライバルの木村に初勝利、派遣記録も突破。

3月3、4日に静岡春季水泳記録会2018が富士水泳場(静岡県・富士市)で開かれた。当大会は8月にオーストラリアのケアンズで行われるパンパシフィックパラ水泳大会2018と10月に年に1度のアジアパラリンピック競技大会に出場できる代表を選考会も兼ねており、全国から257名が参加した。

[詳細を見る]

第7回長谷川良信記念千葉市長杯|宮城MAX、4年ぶり4回目の大会制覇|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

第7回長谷川良信記念千葉市長杯

宮城MAX、4年ぶり4回目の大会制覇

第7回長谷川良信記念千葉市長杯は、3月3、4日の2日間、千葉ポートアリーナ(千葉市)で行われ、宮城MAX(宮城)、千葉ホークス(千葉)、NO EXCUSE(東京)、埼玉ライオンズ(埼玉)、パラ神奈川SC(神奈川)、ワールドBBC(愛知)の6チームが参加した。1日目に3チームの2つグループに分かれ、総当りのリーグ戦を行った後、各リーグの1・2位チームが決勝トーナメントに進出し、4日の決勝で宮城MAXが75-57でパラ神奈川SCを下し、4年ぶり4度目の大会制覇。3位決定戦はワールドBBCが54-28で千葉ホークスに勝利した。

[詳細を見る]

平昌2018パラリンピック冬季競技大会結団式|目標は6個以上のメダル!結団式|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラリンピック冬季競技大会結団式

目標は6個以上のメダル!結団式

2月26日、平昌2018パラリンピック冬季競技大会の日本選手団の結団式が虎ノ門ヒルズ(東京都・港区)で行われ、大日方邦子団長が率いる86名(うち選手38名)のチームが集結した。
アジアで冬季競技大会が開かれるのは1998年長野パラリンピック以来の20年ぶり。3月9日から18日の10日間で行われる平昌大会には選手も45カ国・地域から前回大会のソチパラリンピックを超える670名が参加する。

[詳細を見る]

第4回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポータズカップ|平昌代表の成田緑夢が優勝|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

第4回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポータズカップ

平昌代表の成田緑夢が優勝

2月18日、白馬乗鞍温泉スキー場里見ゲレンデ(長野県)で第4回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポータズカップのスノーボードクロスの決勝トーナメントが行われ、平昌パラリンピックに出場するLL-2の成田緑夢(24=近畿医療専門学校)とLL1の小栗大地(37=三進化学工業株式会社)をはじめ健常者を含む21名の選手が出場。下肢障害その他クラスで成田緑夢が54秒37で田渕伸司を決勝で下した。

[詳細を見る]

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!