Sports News

5 件
車いすフェンシング日本選手権大会|加納が2冠、安がフルーレ男子で優勝!|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

車いすフェンシング日本選手権大会

加納が2冠、安がフルーレ男子で優勝!

2017年車いすフェンシング日本選手権大会・国際親善試合は10月14・15日、京都市の京都車いすフェンシング競技ナショナルトレーニングセンターで行われ、日本から男子13名、女子3名に加えて韓国、香港、マカオ、台湾の海外勢の7名の合計23名が参加し、フルーレ男子(AB混合※障害の程度によるA、Bのカテゴリー分けなし)、フルーレ女子(AB混合)、エペA(男女混合)、エペB(男女混合)、サーブルA(男女混合)、サーブルB(男女混合)の6種目が行われた。日本勢はフルーレ男子で安直樹(東京メトロ)、エペAとサーブルAで加納慎太郎(ヤフー)が優勝した。

[詳細を見る]

車いすフェンシング日本選手権大会|男子は安、女子は櫻井が大会制覇!|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

車いすフェンシング日本選手権大会

男子は安、女子は櫻井が大会制覇!

平成28年車いすフェンシング日本選手権大会は8月7日、京都市のエルイン京都で行われ、男子9名、女子4名が参加し、男女ともにフルーレ一種目(※障害の程度によるA、Bのクラス分けなし)のみで行われた。女子の部は、4名総当たり戦で行われ、櫻井杏理(日阪製作所)が3試合で相手に許したのは1ポイントのみと、圧倒的な強さで全勝で優勝を飾った。男子の部は、10名(※櫻井杏理が特別参加)が2グループに別れて予選プールを行い上位8名が決勝トーナメントに進み、決勝で安直樹が(電通アイソバー)が加納慎太郎(ヤフー)に15-7で勝利し、優勝した。3位には櫻井杏理、藤田道宣が入った。

[詳細を見る]

車いすフェンシングアジア選手権大会|サーベル男子クラスA、安がベスト8|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

車いすフェンシングアジア選手権大会

サーベル男子クラスA、安がベスト8

2016車いすフェンシングアジア選手権大会、4月9日=大会3日目=、サーベル男子クラスAに加納慎太郎(ヤフー)、安直樹(エイベックス)が、クラスBに恩田竜二が出場した。

[詳細を見る]

車いすフェンシングアジア選手権大会|エペ男子クラスB、藤田がベスト8|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

車いすフェンシングアジア選手権大会

エペ男子クラスB、藤田がベスト8

2016車いすフェンシングアジア選手権大会、4月8日=大会2日目=、エペ男子クラスBに藤田道宣(龍谷大学大学院)、恩田竜二が、フルーレ女子クラスBに櫻井杏里(日阪製作所)が出場した。

[詳細を見る]

車いすフェンシングアジア選手権大会|フルーレ男子団体、日本が銅メダル|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

車いすフェンシングアジア選手権大会

フルーレ男子団体、日本が銅メダル

2016車いすフェンシングアジア選手権大会は4月7日〜4月10日の4日間、香港で9つの国と地域が参加し、リオパラリンピックの出場権を懸けて行われる(※各種目の優勝者がリオの出場権を獲得し、残りの枠は6月末時点での世界ランキングで決定する)。4月7日=大会初日=、フルーレ男子クラスAに加納慎太郎(ヤフー)、安直樹(エイベックス)が、クラスBに藤田道宣(龍谷大学大学院)が出場した。

[詳細を見る]

5 件
障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!