Sports News

7 件
平昌パラ2018(10日目):閉会式|日本は金3、銀4、銅3の10個のメダル|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌パラ2018(10日目):閉会式

日本は金3、銀4、銅3の10個のメダル

平昌パラリンピック大会最終日の18日、平昌オリンピックパークで閉会式が行われた。今大会、日本選手団は目標の6個を大きく上回る10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得し、国別メダルランキングは9位となった。アルペンスキーの村岡桃佳(21歳=早稲田大学)が出場した5種目全てでメダル(金1、銀2、銅2)を獲得し、冬季大会における1人の選手が1大会で獲得したメダル最多新記録を樹立。また、スノーボードの成田緑夢(24歳=近畿医療専門学校)が2個(金1、銅1)クロスカントリースキーの新田佳浩(37歳=日立ソリューションズ)が2個(金1、銀1)、アルペンスキーの森井大輝(37歳=トヨタ自動車)が1個(銀1)のメダルを獲得した。次回の冬季パラリンピックは2022年に中国の北京で開催される。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(8日目):パラスノーボード|成田緑夢

平昌2018パラ(8日目):パラスノーボード

成田緑夢"リスキーな挑戦"で手にした金メダル

平昌パラリンピック大会8日目の16日、今大会から正式種目となったパラスノーボードの2種目目バンクドスラロームが行われ、成田緑夢(24=近畿医療専門学校)がLL2(ひざ下の下肢障がい)で金メダルをに輝いた。

[詳細を見る]

平昌2018パラ(4日目):パラスノーボード|成田緑夢「挑戦」でつかんだ銅メダル|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラ(4日目):パラスノーボード

成田緑夢「挑戦」でつかんだ銅メダル

平昌パラリンピック大会4日目の12日、今大会から正式種目となったパラスノーボードの1種目目スノーボードクロスが行われ、成田緑夢(24=近畿医療専門学校)がLL2(ひざ下の下肢障がい)で銅メダルを獲得。

[詳細を見る]

平昌パラ2018(1日目):開会式|日本選手38名の熱き戦いが開幕。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌パラ2018(1日目):開会式

日本選手38名の熱き戦いが開幕。

3月9日、平昌2018パラリンピック冬季競技大会の開会式が平昌オリンピックスタジアムで行われた。
18日までの10日間で45カ国・地域の670名が世界一を目指し、熱戦が繰り広げられる。
主将の須藤悟(パラアイスホッケー)は「今大会の開会式は選手団主将としての参加となり、いつもとは異なる緊張感もある。平昌 2018 パラリンピック冬季競技大会に出場し、私たちが活躍することで多くの方の心を引きつけ、夢中にさせたい」と開会に向けての意気込みを語った。

[詳細を見る]

平昌2018パラリンピック冬季競技大会結団式|目標は6個以上のメダル!結団式|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌2018パラリンピック冬季競技大会結団式

目標は6個以上のメダル!結団式

2月26日、平昌2018パラリンピック冬季競技大会の日本選手団の結団式が虎ノ門ヒルズ(東京都・港区)で行われ、大日方邦子団長が率いる86名(うち選手38名)のチームが集結した。
アジアで冬季競技大会が開かれるのは1998年長野パラリンピック以来の20年ぶり。3月9日から18日の10日間で行われる平昌大会には選手も45カ国・地域から前回大会のソチパラリンピックを超える670名が参加する。

[詳細を見る]

第4回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポータズカップ|平昌代表の成田緑夢が優勝|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

第4回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポータズカップ

平昌代表の成田緑夢が優勝

2月18日、白馬乗鞍温泉スキー場里見ゲレンデ(長野県)で第4回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポータズカップのスノーボードクロスの決勝トーナメントが行われ、平昌パラリンピックに出場するLL-2の成田緑夢(24=近畿医療専門学校)とLL1の小栗大地(37=三進化学工業株式会社)をはじめ健常者を含む21名の選手が出場。下肢障害その他クラスで成田緑夢が54秒37で田渕伸司を決勝で下した。

[詳細を見る]

第3回全国障がい者スノーボード選手権大会|成田緑夢が大会連覇!|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

第3回全国障がい者スノーボード選手権大会

成田緑夢が大会連覇!

第3回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポーターズカップは2月18・19日の2日間、白馬乗鞍温泉スキー場で男子4クラス(下腿義足、大腿義足、下肢障害その他、サポーター※障害者をサポートしている健常者選手)、女子1クラス(下腿義足)が実施され、全国から21選手が参加し、予選ラウンドでは各選手1人2本のタイムトライアルを行い、決勝では予選の結果の基づき、トーナメント表の1人2組のヒートに振り分け、ヒートごとに競技が行われ、選手は同時にスタート、対戦相手に勝った選手が次のヒートに優勝者が決定するまで勝ち上がる方式で争われた。

[詳細を見る]

7 件
障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!