12 件
平昌パラ2018:パラスノーボード(総集編)|世界最高峰の舞台で切った3人の「新たなスタート」|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌パラ2018:パラスノーボード(総集編)

世界最高峰の舞台で切った3人の「新たなスタート」

初めてパラリンピックの正式種目として採用された「スノーボード」。日本からは、成田緑夢(24=近畿医療専門学校)、小栗大地(37=三進化学工業)、山本篤(35=新日本住設)の3人が出場した。彼らにとって、初めての冬季パラリンピックはどんなものだったのか。パラスノーボードの歴史における新たな「幕開け」となった平昌でのレースを振り返る。

[詳細を見る]

平昌パラ2018:ノルディックスキー(総集編)|課題も可能性も見えた10日間。次への糧に|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌パラ2018:ノルディックスキー(総集編)

課題も可能性も見えた10日間。次への糧に

パラアスリートが躍動した、平昌冬季パラリンピックは18日、平昌オリンピックスタジアムで行われた閉会式をもって、10日にわたる熱戦に幕が下りた。

[詳細を見る]

平昌パラ2018|次世代へ繋ぐ、平昌パラリンピック|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

平昌パラ2018

次世代へ繋ぐ、平昌パラリンピック

3月18日、10日間の熱気に包まれた平昌パラリンピックが閉幕した。日本が獲得したメダル数は金3、銀4、銅3の計10個。4年前ソチ大会の獲得数6個を大きく上回る活躍を見せた。10個のうち6個はアルペンスキー、さらにそのうちの5個は女子座位の村岡桃佳(21=早稲田大学)によるもの。村岡は大回転で金、滑降と回転で銀、スーパー大回転とスーパー複合で銅。冬季パラリンピックにおいて、単独でのメダル5個獲得は日本史上初の快挙である。

[詳細を見る]

アスリートインタビュー③|新キャプテン豊島英「世界に勝つために」 ~車いすバスケットボール~|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

アスリートインタビュー③

新キャプテン豊島英「世界に勝つために」 ~車いすバスケットボール~

昨年11月、続投が決まった車いすバスケットボール男子日本代表の指揮官、及川晋平ヘッドコーチ(HC)が、新キャプテンに抜擢したのは、豊島英だ。豊島が初めてパラリンピックに出場したのは、2012年ロンドン大会。目指してきた「世界最高峰の舞台」についに到達した喜びはあったが、チームは決勝トーナメントに進出することができず9位に終わり、ベンチを温めることが多かった自分自身にも悔しさを感じた。「次こそは」と臨んだ2016年リオデジャネイロ大会。そこには、主力の一人となった豊島の姿があった。しかし、結果はロンドンと同じ9位。果たして、豊島は何を思い、そしてどのようにして次へのスタートを切ったのか――。彼が拠点とするドイツの地、ケルンを訪れた。

[詳細を見る]

IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス|「3位」の裏にあった大きな「収穫」|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス

「3位」の裏にあった大きな「収穫」

史上初めてとなる「アジアオセアニアチャンピオン」の座を獲得するべく臨んだ「2017IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス」(AOZ)。男子日本代表は準決勝でイランに惜敗し、その道を閉ざされた。しかし、3位決定戦で韓国を破り、世界選手権のAOZとしては4年前の4位から3位に浮上と、着実にチーム力がアップしていることを証明するかたちで大会を締めくくった。そしてもうひとつ、チームには大きく得たものがあった。それは、追い求め続けてきた「全員バスケ」の本当の意味での「第一歩」だ。

[詳細を見る]

IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス|東京パラへ、それぞれの「責任」|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス

東京パラへ、それぞれの「責任」

「2017IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス」(AOZ)5日目、女子日本代表は3位決定戦でイランと対戦し、76–19で快勝。今大会を勝利で終え、次へのステップとした。

[詳細を見る]

アスリートインタビュー②|三澤拓「フィジカル強化によるスキー進化論」|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

アスリートインタビュー②

三澤拓「フィジカル強化によるスキー進化論」

パラアルペンスキーは、立って滑ることのできる立位、座って滑る(チェアスキーを使用する)座位、視覚障害の3カテゴリーで表彰される。そして、障害の状態や程度により、立位は11クラス、座位は5クラス、視覚障害は3クラスに細分化され、各クラスに応じた係数を実測値に乗じた計算タイムで競われる。

[詳細を見る]

対談企画② ウィルチェアーラグビー|ローポインターの矜持|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

対談企画② ウィルチェアーラグビー

ローポインターの矜持

下肢だけでなく上肢にも障害がある選手がプレーするウィルチェアーラグビー。選手には0.5〜3.5まで障害に応じたクラス分けがあり、コートでプレーする4人の合計が8点以内でなければならないというルールがある。岸光太郎と倉橋香衣。2人はともに0.5点のプレーヤーだ。最も障害が重いクラスの選手(ローポインター)として、日本チームを支える。0.5の役割とは。ウィルチェアーラグビーの魅力とは。ベテランとニューカマーによる05対談。

[詳細を見る]

IWBF男子U23車いすバスケットボール世界選手権大会|「世界に通用した力」と「メダルを逃した事実」|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

IWBF男子U23車いすバスケットボール世界選手権大会

「世界に通用した力」と「メダルを逃した事実」

16日、「IWBF男子U23車椅子バスケットボール世界選手権」(カナダ・トロント)が幕を閉じた。優勝は、予選プールを1位で通過し、その余勢を駆って、決勝トーナメントではイラン、日本、そして決勝でトルコを破ったイギリス。日本は3位決定戦でオーストラリアに敗れ、4位となった。

[詳細を見る]

アスリートインタビュー①|古澤拓也「今、進化の途中」|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

アスリートインタビュー①

古澤拓也「今、進化の途中」

<ドキドキとか緊張とは違う。謎のたかぶり。4年前のくやしさを晴らす準備中>
 今年1月、古澤拓也のツイッターには、こんな言葉が書き記されていた。「4年前」の2013年、古澤は初めて日本代表のユニフォームに袖を通し、「U23世界選手権アジアオセアニアゾーン予選会」に臨んだ。日本は、イラン、オーストラリアに続いて3位に入り、同年6月に行なわれた世界選手権の出場権を獲得した。だが、イラン、オーストラリアとの実力差は明らかで、完全なる「3位」。優勝争いの一角に、日本は入ることができなかった。それは、古澤にとって初めて感じた「世界との距離」だった。そして何よりも、まったく強みを示すことができなかった自分が情けなかった。

[詳細を見る]

対談企画① 車いすバスケットボール|ブンデスリーガ初挑戦 日本人トリオの「今」|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

対談企画① 車いすバスケットボール

ブンデスリーガ初挑戦 日本人トリオの「今」

今シーズンからドイツの車椅子バスケットボールリーグ・ブンデスリーガに所属する「Köln 99ers」でプレーする日本人3人、豊島英、村上直広、網本麻里に独占インタビュー。ドイツに渡ることを決意したその背景や、実際にドイツでプレーして思うこと、感じていることとは何なのか。3人の「海外挑戦」に迫る。

[詳細を見る]

ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技|ウィルチェアーラグビー日本代表、メダル獲得への課題|特集記事|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技

ウィルチェアーラグビー日本代表、メダル獲得への課題

2016ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技、22日=4日目=、日本は3位決定戦でアメリカに51-56で敗れ、最終成績4位となった。決勝はオーストラリアがイギリスに57-49で下し、金メダルを獲得した。

[詳細を見る]

12 件
障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!