2015年10月15日

IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉

日本男子はタイを破り準決勝へ

三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉、10月15日=大会6日目=、日本男子は準々決勝でマレーシアを86-15で下し、準決勝進出を決めた。10月16日、日本男子は14時から準決勝でオーストラリアとリオへの切符をかけて激突する(※男子は上位3ヶ国がリオ2016パラリンピック競技大会への出場権を獲得できる)。チーム最年長の石川は「オーストラリアは我々にとって勝てない相手ではない。12人の選手とスタッフ一丸となってオーストラリアに勝利して、明日でリオへの切符を獲りたい!」と意気込んだ。日本女子は本日18時から準決勝をオーストラリアと対戦する。

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!