2016年5月4日

リオ柔道日本代表候補選手選考大会

リオ大会日本代表7名出揃う。

リオネジャネイロ・パラリンピック柔道競技日本代表候補選手選考大会は、5月4日に東京都文京区の講道館で行われ、既に内定済みの女子67キロ級の米田真由美(あいおいニッセイ同和損保)に加えて、ロンドンパラ金の男子100キロ超級の正木健人(エイベックスグループホールディングス)、5度目のパラリンピックとなる66キロ級の藤本聰(徳島視覚支援学校)、60キロ級の廣瀬誠(愛知県立名古屋盲学校)、73キロ級の北薗新光(アルケア)、男子90キロ級の廣瀬悠(伊藤忠丸紅鉄鋼)、女子57キロ級の廣瀬順子(伊藤忠丸紅鉄鋼)の6名が新たにリオの切符を獲得した。
60キロ級の廣瀬誠は「リオ大会で引退することを決めていたので、今日の勝利はホッとしている。リオでは、戦った平井選手と家族の思いを胸に一つでも勝ってメダルを獲得したい」と意気込みを語った。

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!