2016年5月4日

日本車椅子バスケットボール選手権大会

8連覇へ王手。千葉ホークス阻止できるか。

内閣総理大臣杯争奪第44回日本車椅子バスケットボール選手権大会は、5月4日=大会2日目=準決勝の2試合が行われ、宮城MAXがNO EXCUSE を69-63、千葉ホークスが埼玉ライオンズを57 -45で下し、7連覇中の宮城MAXと決勝最多出場の千葉ホークスが2年ぶりに決勝で激突する。宮城MAXのエースの藤本は「今日の課題を修正し、8連覇します」と力強く意気込みを語った。千葉ホークスのキャプテン土子は「MAXに臆することなく、チャレンジャーとしてやっていき、優勝を目指したい」と思いを語った。
5月5日10時半から3位決定戦、15時から決勝が行われる予定だ。

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!