2016年6月19日

ウィルチェアーラグビー日本代表内定発表会

史上最強メンバー、12名内定。

ウィルチェアーラグビー日本代表内定発表会は、6月16日に日本財団パラリンピックサポートセンター(東京都・港区)で行われ、リオ大会に出場する12名の代表内定選手が発表された。世界ランキング3位の日本代表はリオパラリンピックで2004年アテネ大会から4大会連続出場となる。荻野ヘッドコーチは「4年間基本の部分をやり直した。史上最強のメンバー」と話しながらも「精度を上げ、ミスを減らしていく」とメダル獲得への課題も上げた。パラリンピック初出場のキャプテン池は「この競技でメダルを取ることを達成したい」と悲願のメダルへ抱負を語った。
【代表内定選手】※(所属チーム/背番号)
0.5クラス:岸 光太郎 (AXE/5)
1.0クラス:山口 貴久 (横濱義塾 /20)
1.0クラス:今井 友明 (RIZE/9)
1.0クラス:若山 英史 (横濱義塾/1)
1.5クラス:乗松 聖矢 (Okinawa Hurricanes/22)
2.0クラス:庄子 健  (RIZE/14) ※キャプテン
2.0クラス:官野 一彦 (RIZE/6)
2.0クラス:羽賀 理之 (AXE/4)
2.5クラス:仲里 進  (Okinawa Hurricanes/11)
3.0クラス:島川 慎一 (BLITZ/13)
3.0クラス:池崎 大輔 (北海道 Big Dippers/7)
3.0クラス:池 透暢  (Freedom/21) ※キャプテン
【バックアップメンバー】
2.0クラス:佐藤佳人 (BLAST)
【ヘッドコーチ】
荻野晃一
【アシスタントコーチ】
三阪洋行
集合写真前列左から今井、岸、若山、山口、乗松、羽賀、
後列左から池、島川、池崎、仲里、庄子、官野

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!