2016年7月3日

日本車椅子ソフトボール選手権大会

日本、チームUSAに惜敗。

第4回日本車椅子ソフトボール選手権大会と第1回車椅子ソフトボールワールドチャンピオンカップは、7月1日〜3日にアウトレット・レラ(北海道・札幌市)で行われ、世界からチームUSAと韓国、全国から10チームが参加し、連日熱戦が繰り広げられた。日本選手権では、チームUSAが決勝で昨年優勝した東京 Legend Fellowsを破った。ワールド・チャンピオンカップもチームUSAが日本を5-4で下した。
車椅子ソフトボールは、北翔大学(北海道・江別市)大西昌美准教授が車椅子に乗りながらできる野球、ソフトボールをコンセプトに発案し、障害者と健常者が一緒に楽しめるスポーツ。現在、日米を中心にパラリンピック競技を目指しており、日本では2015年9月に埼玉西武ライオンズがプロ野球球団初の主催となるライオンズカップを開催するなど車椅子ソフトボールの輪が広がっている。

【結果一覧】
◯第1回車椅子ソフトボールワールドチャンピオンカップ
1位 チームUSA
2位 日本
3位 韓国
※スコアボード
① 日本 25 - 0 韓国
② チームUSA 19 – 0 韓国
③ チームUSA 5 – 4 日本

◯第4回日本車椅子ソフトボール選手権大会
DivisionⅠ
1位 チームUSA
2位 東京 Legend Fellows
3位 N ORTHLAND WARRIORS

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!