2016年8月7日

車いすフェンシング日本選手権大会

男子は安、女子は櫻井が大会制覇!

女子の部を制し、男子の部でも3位に入った櫻井杏理(日阪製作所)

平成28年車いすフェンシング日本選手権大会は8月7日、京都市のエルイン京都で行われ、男子9名、女子4名が参加し、男女ともにフルーレ一種目(※障害の程度によるA、Bのクラス分けなし)のみで行われた。女子の部は、4名総当たり戦で行われ、櫻井杏理(日阪製作所)が3試合で相手に許したのは1ポイントのみと、圧倒的な強さで全勝で優勝を飾った。男子の部は、10名(※櫻井杏理が特別参加)が2グループに別れて予選プールを行い上位8名が決勝トーナメントに進み、決勝で安直樹が(電通アイソバー)が加納慎太郎(ヤフー)に15-7で勝利し、優勝した。3位には櫻井杏理、藤田道宣が入った。

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!