2016年12月3日

ドイツブンデスリーガ1部

ケルン、日本人3選手が勝利に貢献!

豊島英(左)、村上直広(中央)、網本麻里(右)

ドイツブンデスリーガ1部=12月3日=、豊島英、網本麻里、村上直広の日本人3選手が所属するKoeln 99ersはRollers Zwickauに65-51で勝利した。次戦は12月10日に藤本、香西、千脇の日本人3名が所属する強豪BG BASKETS HAMBURGと対戦する。

豊島英(白/中央)

豊島英選手のコメント
「前半は自分らしいプレイができたが、後半は失速してしまったのは反省している。40分間フルで使ってもらえているのはありがたいので、もっと勝てるように、チーム力を上げたい。そのためにもまずは自分がミスしないことを心がけている。ハンブルクのメンバーは各国を代表するスターが揃っているに対して、自分たちは発展途上のチーム。非常に難しいが、決して勝てない相手ではないので、自分たちの流れいい時の時間を増して勝ちたい。」

村上直広(白/中央)

村上直広選手のコメント
「いつもは1クオーターで差をつけられて、負ける試合が続いていたが、今日は逆に自分たちがリードして守りきれる試合運びができたので良かった。大量リードによる気の緩みからミスが生じたので、リードしたときこそ集中力を高めなければいけない。(ハンブルクの日本人)3人には僕のプレイは研究されると思うが、リオとは違うぞという姿を見せたい。」

網本麻里(白/中央)

網本麻里選手のコメント
「今日はホームゲームで勝てて良かった。対応できなかった部分があるのは次戦に向けて修正したい。2016年最後のハンブルク戦は勝って締めくくりたいです。」

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!