2017年5月4日

第45回日本車椅子バスケットボール選手権大会

9連覇か、悲願の初優勝か。

チーム最多の28得点をあげたエースの香西宏昭

内閣総理大臣杯争奪第45回記念日本車椅子バスケットボール選手権大会、5月4日=大会2日日=、準決勝が行われ、NO EXCUSEがワールドBBCに73-45で勝利し、4年ぶりの決勝進出、王者宮城MAXは埼玉ライオンズに64-50で勝利し、9連覇に王手をかけた。5-6位決定戦は千葉ホークスがパラ神奈川SCに81-54で勝利した。

ドイツリーグではチームメイトの宮城MAXの藤本、NO EXCUSEの香西の両エースが決勝で激突する。昨年、準決勝の同カードでは終盤まで接戦の末、宮城MAXが69-63と勝利したが、両チームの力は非常に拮抗している。NO EXCUSEは、香西の抜群の得点力に加えて、湯浅、森谷、池田の若手選手の活躍もあり、今大会は3試合ともに大差で勝利し、確実にチーム力が上がっていることを示した。一方、宮城MAXは海外組の藤本、豊島に加えて、今大会から出場可能になった女子選手の藤井郁美が準決勝では18得点と存在感を示している。香西は「優勝を目指して、1試合1試合成長してきている。明日は勝ちたい」、藤本は「チャンピオンとして絶対に負けるわけにはいかない。」と決勝への意気込みを語った。

宮城MAXの9連覇となるか、それともNO EXCUSEの悲願の初優勝となるのか。
決勝は明日14時30分から、3位決定戦は11時30分から行われる。

大会結果一覧=第2日目=
準決勝A
NO EXCUSE 73 - 45 ワールドBBC

準決勝B
宮城MAX 64 - 50 埼玉ライオンズ

5-6位決定戦
パラ神奈川SC 54 - 81 千葉ホークス

5-6位決定戦予選
福岡breez 53 - 75 パラ神奈川SC
LAKE SHIGA BBC 50 - 83 千葉ホークス

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!