2017年5月13日

ITUパラトライアスロンシリーズ横浜大会

初出場で初優勝。土田、満面の笑み。

初優勝を果たし、満面の笑みでガッツポーズをする土田和歌子(八千代工業)

2017ITUパラトライアスロンシリーズ横浜大会は5月13日に山下公園周辺(スタート・フィニッシュ)で行われ、世界から72名(男子46名、女子26名)が参加した。
車椅子マラソンでアテネパラリンピック金メダリストの土田和歌子(八千代工業)が、PTHCの種目で出場し、5名中の最高タイム1時間15分11秒で初優勝を果たした。
ロンドンパラリンピックに走り幅跳びで出場し、4大会ぶりに横浜大会にエントリーした谷真海(サントリー)も1時間18分6秒で優勝した。


【日本選手結果一覧】
◯男子PTHC
木村潤平(ひまわり福祉会)1時間13分54秒 8位
◯男子PTS2
中山賢史郎(東京ガスパイプライン)1時間23分41秒 7位
◯男子PTS4
宇田秀生(滋賀県トライアスロン協会)1時間10分36秒 6位
◯男子PTS5
佐藤圭一(エイベックスグループホールディングス) 1時間5分15秒 5位
◯男子PTV1
米岡聡(三井住友海上火災保険)1時間15分18秒 7位
中澤隆(インヴェンティヴ・青山トライアスロン倶楽部・タカラエムシー・インターフィールド)1時間16分1秒 8位
長井敬二(大阪府トライアスロン協会)1時間18分10秒 9位
◯女子PTHC
土田和歌子(八千代工業) 1時間15分11秒
◯女子PTS2
秦由加子(マーズフラッグ・稲毛インター)1時間30分24秒 4位
◯女子PTS2
谷真海(サントリー) 1時間18分6秒 1位
◯女子PTV1
円尾敦子(アルケア・グンゼスポーツ)1時間19分22秒 5位

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!