2017年5月21日

飯塚国際車いすテニス大会

女子シングルス上地が5連覇達成。

5連覇を達成した上地結衣(エイベックスホールディングス)=左側

第33回飯塚国際車いすテニス大会は21日=最終日=に、男女シングルスの決勝が行われ、女子シングルスでは5連覇に王手をかけていた上地結衣(エイベックスホールディングス)が6-2、6-2でディード・デ・グルート(オランダ・世界ランキング3位)を破り、今大会全てストレート勝ちの圧倒的な強さを見せ、5連覇を達成した。

全試合ストレートで勝利をした上地。

「常に調子があまり良くなく、自分のプレーができない中、(飯塚で)5連覇できたことは嬉しい」と開口一番で言葉を発したが、「前半の部分でポイントがせる場面で自分から積極的に展開し、ポイントとっていかないといけない」と世界ランキング1位に向けて冷静に試合を振り返った。世界ランキング2位の上地は「今年は挑戦する年」と位置づけ、車椅子の改良、新しいサーブの習得などさらなる高みを目指している。
障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!