2017年7月9日

車椅子ソフトボール日韓親善試合

日本、韓国に圧勝。

ベスト10にも選出された松田瑶平(東海United Dragons)。

7月9日、第一回車椅子ソフトボール日韓親善試合が野幌総合運動公園・駐車場特設会場(北海道・江別市)で行われ、23-0で日本が韓国に圧倒的な強さで勝利した。
車椅子ソフトボールは、北翔大学(北海道・江別市)大西昌美准教授が車椅子に乗りながらできる野球、ソフトボールをコンセプトに発案し、障害者と健常者が一緒に楽しめるスポーツ。現在、日米を中心にパラリンピック競技を目指しており、日本では2015年9月に埼玉西武ライオンズがプロ野球球団初の主催となるライオンズカップを開催するなど車椅子ソフトボールの輪が広がっている。

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!