2017年9月10日

ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会

鈴木、山崎、藤原が金!

ヒューリック・ダイハツJAPANパラバトミントン国際大会2017、9月10日=大会最終日=、各クラスの決勝が行われ、日本勢は女子シングルスSU5(上肢障害)で鈴木亜 弥子(七十七銀行)、女子シングルスWH2(車いす/バランスが良好な車椅子利用者)で山崎悠麻(調布市役所)、男子シングルスSL3(下肢の2関節以上の障害)で藤原大輔(LINE)の3名が決勝で勝利し、金メダルを獲得した。日本勢は自国開催のホームアドバンテージを活かし、金3、銀1、銅12の合計16のメダルを獲得した。

◆メダル獲得者一覧
◎金
男子シングルスSL3 藤原大輔
女子シングルスWH2 山崎悠麻
女子シングルスSU5鈴木亜 弥子
◎銀
男子シングルスSU5 浦哲雄
◎銅
女子シングルスWH2 小倉理恵
女子シングルスSL3 伊藤則子
女子シングルスSL4 藤野遼
男子シングルスSU5 今井大湧
女子ダブルスWH1-2 福家育美&山崎悠麻
女子ダブルスWH1-2 小林悦子&小倉理恵
男子ダブルスSL3-4 藤原大輔&ジャンニクラスポット
女子ダブルスSL3-5 杉野明子&パルルドゥルシュッパイパルマール
男子ダブルスSU5 浦哲雄&今井大湧
男子ダブルスSS6 浅井清志&畠山洋平
ミックスダブルスSL3-SU5 末永敏明&杉野明子
ミックスダブルスSS6 畠山洋平&シモーネエミリマイヤーラーセン

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!