2017年9月30日

日本聴覚障害者陸上競技選手権大会

100m男子で山田が快走。

デフリンピック金メダリストの山田真樹。

9月30日、第14回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会が大井ふ頭中央海浜公園 陸上競技場(東京都・品川区)で開催した。

本大会は今年7月にトルコのサムスンにて行われた第23回夏季デフリンピック競技大会後、初めての日本選手権でデフリンピックに出場した選手は少なかったが、2019年にアルゼンチンで行われる第1回ユースデフリンピック競技大会の選考会も兼ねており、若い選手が多く出場した。

デフリンピックの200m男子で金メダルを獲得した山田真樹(20)=東京経済大学=は11秒06で優勝した。

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!