2019年2月3日

第19回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会

宇城、復活へ兆し。本人は満足せず。

第3試技目で176kgをあげ、ガッツポーズをする宇城元

2月2・3日の二日間、第19回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会が日本工学院八王子(東京都・八王子市)で行われた。当大会は7月にカザフスタンである世界選手権の代表選考も兼ねている。また、ラオス、ベトナム、韓国から10名を招待し、強化を目的に開かれた。日本新記録もジュニアも含めると6個更新された。

「満足できる記録ではない」

大会2日目に行われた男子80kgでロンドンパラリンピック以来の出場を目指す宇城元(順天堂大学)が176kgを第3試技で挙げ、優勝した。昨年は怪我の影響で10月にイネドネシアで行われたアジアパラリンピックで147kgと自己ベストから約40kgの差があった宇城にとって、復活と呼べる大会だった。しかし、宇城は「この10kgの差は大きいし、この結果は満足はしない。まだまだ筋肉量を増やしていきます」と男子最優秀選手賞の男は顔を引き締めて、今大会を振り返った。

【大会結果一覧】※優勝者のみ
■男子
49kg 三浦 浩 119kg
54kg 西崎 哲男 137kg
59kg 戸田 雄也 131kg
65kg 城 隆志 133kg
72kg 樋口 健太郎 170kg
80kg 宇城 元 176kg
88kg 大堂 秀樹 182kg
97kg 馬島 誠 160kg
107kg 中辻 克仁 200kg(日本新)
107kg超 松崎 泰治 147kg(ジュニア日本新)

■女子
41kg 成毛 美和 51kg(日本新)
45kg 小林 浩美 57kg
50kg 中嶋 明子 53kg
55kg マクドナルド山本 恵理 59kg(日本新)
61kg 龍川 崇子50kg
67kg 森崎 可林 53kg(ジュニア・シニア日本新)
73kg 坂元 智香 66kg

関連記事

障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!
障害者スポーツ専門情報サイト sports news