Sports News

11 件
第35回日本パラ水泳選手権大会|進化続ける22歳、辻内アジア新|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

第35回日本パラ水泳選手権大会

進化続ける22歳、辻内アジア新

12月1日・2日の2日間、第35回日本パラ水泳選手権大会が三重交通Gスポーツの杜鈴鹿水泳場(三重県鈴鹿市)で行われ、全国から参加基準を超えた523名のスイマーたちが日本一を目指した。

[詳細を見る]

インドネシア 2018 アジアパラ競技大会(2日目):水泳|富田 宇宙
進化の途中|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

インドネシア 2018 アジアパラ競技大会(2日目):水泳

富田 宇宙 進化の途中

インドネシア・ジャカルタで10月6日に開幕したアジアパラ競技大会。2日目に行われた水泳のS11〜13クラス男子400m自由形に富田宇宙(S11/日本体育大学大学院)が出場した。自身がもつアジア記録には及ばなかったものの、決勝で4分34秒31をマークし4位となった。

[詳細を見る]

パラ水泳春季記録会2018|富田、ライバルの木村に初勝利、派遣記録も突破。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

パラ水泳春季記録会2018

富田、ライバルの木村に初勝利、派遣記録も突破。

3月3、4日に静岡春季水泳記録会2018が富士水泳場(静岡県・富士市)で開かれた。当大会は8月にオーストラリアのケアンズで行われるパンパシフィックパラ水泳大会2018と10月に年に1度のアジアパラリンピック競技大会に出場できる代表を選考会も兼ねており、全国から257名が参加した。

[詳細を見る]

第34回日本身体障がい者水泳選手権大会|中島啓智が2種目でアジア新!
|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

第34回日本身体障がい者水泳選手権大会

中島啓智が2種目でアジア新!

第34回日本身体障がい者水泳選手権大会は、千葉県国際水泳場(千葉県習志野市)で11月18日と19日の二日間で行われ、中島啓智(あいおいニッセイ)が100m自由形(S14/知的障害)で54秒17、男子100バタフライ(S14)で58秒65、木村敬一(東京ガス)が男子100mバタフライ(S11/視覚障害)で1分1秒45、宇津木美都(京都SC)が女子50m平泳ぎ(S8/切断など)で39秒86のアジア記録を樹立した。

[詳細を見る]

パラ水泳春季記録会|ワールドパラ世界水泳、代表決定!|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

パラ水泳春季記録会

ワールドパラ世界水泳、代表決定!

パラ水泳春季記録会兼ワールドパラ世界水泳選手権代表選考会は3月5日、静岡県富士水泳場で行われ、昨年リオパラリンピックで4つのメダルを獲得した木村敬一(東京ガス)が100m自由形で59秒46の日本新記録、リオパラリンピック200m個人メドレーで銅メダルを獲得した中島啓智(花見川SC)が100mバタフライで59秒56の日本新記録で派遣標準記録を突破し、今年9月にメキシコで行われる世界選手権の代表に内定した。若手では宇津木美都(京都SC)が100m平泳ぎで1分26秒92の好タイムで日本代表初選出となった。内定代表選手は男子12名、女子 10名、 計22名。

[詳細を見る]

日本身体障がい者水泳選手権大会|若手の台頭目立つ。東京へ期待。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

日本身体障がい者水泳選手権大会

若手の台頭目立つ。東京へ期待。

第33回日本身体障がい者水泳選手権大会は、総合西市民プール(福岡県福岡市)で11月12日と13日の二日間で行われ、リオパラリンピックに出場した選手をはじめ全国から集まり、アジア記録1個、アジアタイ記録1個、日本新記録が20個と好記録が連日生まれた。リオパラリンピック代表以外にも2020年を目指す若手の台頭が目立った大会だった。

[詳細を見る]

ジャパンパラ水泳競技大会|鈴木、アジア記録。リオへ弾み。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

ジャパンパラ水泳競技大会

鈴木、アジア記録。リオへ弾み。

IPC公認2016ジャパンパラ水泳競技大会は、7月17、18日の2日間、横浜国際プール(横浜市)で行われ、アジア記録が4個、日本記録が45個と好記録が相次いだ。ロンドン銅の鈴木孝幸(ゴールドウィン)は男子200m自由形(S5クラス)で「自己ベスト出て良かった」と2分59秒29でアジア記録をマークした。

[詳細を見る]

リオパラリンピック日本選手団壮行会|TOBIUO PARA JAPANの19名にエール。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

リオパラリンピック日本選手団壮行会

TOBIUO PARA JAPANの19名にエール。

日本身体障がい者水泳連盟と日本知的障害者水泳連盟は、7月17日に横浜国際プール(神奈川県・横浜市)でリオパラリンピック日本選手団壮行会を開催した。ロンドンより3名多い19名のTOBIUO PARA JAPANに河合会長は、「未来に繋がるチームの軌跡を残してほしい。(力を発揮し)日本を元気や力を届けてほしい。」と激励の言葉を送った。日本選手団キャプテンで4大会連続出場の山田(NTTドコモ)は「世界のレベルは高くなっているが、チーム一丸となって頑張っていきたい」とロンドンの記録を超えるような力強い言葉だった。

[詳細を見る]

春季静岡水泳記録会|5名、新たにリオの切符。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

春季静岡水泳記録会

5名、新たにリオの切符。

春季静岡水泳記録会は3月6日、静岡県富士水泳場で、男子12枠、女子7枠のリオパラリンピック出場権を懸けて行われ、既に内定済みの木村敬一(東京ガス)に加えて、派遣標準記録を突破した鈴木孝幸(GOLDWIN)、中村智太郎(日阪製作所)、山田拓朗(NTTドコモ)、小山恭輔(日鉄住金P&E)、成田真由美(横浜サクラ)の5名が新たにリオの切符を獲得した。

[詳細を見る]

日本身体障がい者水泳選手権大会|アジア新3、日本新24が誕生!|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

日本身体障がい者水泳選手権大会

アジア新3、日本新24が誕生!

第32回日本身体障がい者水泳選手権大会は(日本身体障がい者水泳連盟主催)は11月7・8日の2日間、宮城県総合運動公園総合プールで行われ、参加標準記録を突破した434名が参加し、成田真由美(横浜サクラ)が女子50m背泳ぎ(S5クラス)で51秒20、富田宇宙(EYA)が400m自由形(S13クラス)で4分44秒34、100mバタフライ(S13クラス)で1分5秒11のアジア新記録を樹立した。大会2日間を通じてアジア新記録録3個、日本新記録24個、大会新記録が105個と記録ラッシュに沸いた。

[詳細を見る]

ジャパンパラ水泳競技大会|アジア新記録5、日本新記録21|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

ジャパンパラ水泳競技大会

アジア新記録5、日本新記録21

IPC公認2015ジャパンパラ水泳競技大会は9月5・6日の2日間、東京辰巳国際水泳場で行われ、ジャパンパラ標準記録を突破した268名が参加した。

[詳細を見る]

11 件
障害者スポーツの最新情報をFacebookでお届けします!